ドライアイの治療法

ドライアイの治療法

ドライアイは日常生活の中でおこることが多いので、日頃から眼が乾燥しやすい人はドライアイにならないように注意が必要です。もしドライアイの症状がでても症状が軽ければ自然と治ることもありますが、放置してしまうと悪化をし、場合によっては手術をしなければなりません。

 

ドライアイの主な治療法には以下の方法が行われます。

 

・点眼療法
・涙点プラグ
・自己血清点眼
・屈折矯正手術

 

点眼療法では眼の表面の水分が乾いて不足してしまうのがドライアイの原因なので、眼の表面を潤すことができればドライアイを解消できます。また使用する点眼には防腐剤の入っていないものを使用します。これはドライアイの眼の表面が傷ついてることがあるため防腐剤入りの点眼では少なからず影響がでる場合があるからです。

 

次に涙点プラグでは涙の量が少ないドライアイの方に有効で、眼の中に涙点プラグを挿入し栄養を含んだ自分の涙で眼を潤す治療法になります。

 

そして点眼療法や涙点プラグで症状が改善されなかった場合には、自己の血清成分を点眼液として使用する自己血清点眼療法でドライアイの治療をします。この方法は自己の血清成分で点眼薬を生成しているので、重症のドライアイの人には非常に効果の高い治療法です。

 

そしてコンタクトレンズを常に手放せない人で、ドライアイの症状がある人には屈折矯正手術が効果的です。屈折矯正手術では点眼薬などでも効果が薄い場合に効果的でコンタクトレンズのトラブルから解放される人が多数います。

 

一番いいのは眼を乾燥させないよう、潤いを保たせることなので乾燥しやすい眼の方は目薬を携帯するようにしましょう。