睡眠の質を高めるサプリはこれだ!眠りが浅い、目覚めが悪い方必見

睡眠の質を高めるサプリはこれだ!眠りが浅い、目覚めが悪い方必見

なるべく夢を見ない方法を見つけたい!夢で疲れないようにするためには?

 

案外、夢を見ないように寝るための方法を知りたいという人は多いようです。夢を毎回見すぎてしまってしっかり寝たような気がしなくて、目が冷めても疲れを感じてしまうという人が結構多いようです。この他にも、嫌な夢で朝から不快感を感じてしまったりしてしまうということだってあります。ここでは夢をあまりみないための方法と、どうして悪夢を見てしまうのかという原因についてお話をします。

 

どうして夢を見たら疲れを感じるの?
寝るということはどういうものなのかをまずは理解しておかなくては、夢についてお話をすることは難しいです。まず、寝ることによって、次のような生きるために必要な効果を得ることができます。

 

・免疫力を高める
・疲労回復をすることが出来る
・成長ホルモンを活発に分泌することが出来る
・ストレスを解消できる

 

このように寝ることによって、体の疲れや精神状態をリセットしていくことが出来るのです。しかし、睡眠の質が悪かったり、睡眠不足になってしまうと、これらの効果を十分に得ることができなくなってしまい、体や心にダメージを残してしまうことになります。人間は起きて活動をしている間は常に脳も働いている状態です。一日を通して脳というのは色々なものを見たり、会話内容を記録していたり、体を動かす司令を出しているため、脳内の温度が上昇してしまっている状態です。ずっとこの状態になってしまっていると、オーバーヒートをしてしまうことになりますので、放熱をして休ませていかなくてはならないわけです。そのために睡眠が行われているのです。

 

それに睡眠をすることによって精神面も維持することができます。寝ることによって脳は記憶の整理をしているわけですが、これは夢を見ているレム睡眠の時に行われていると考えられています。レム睡眠の時に、活動している時の体験などを整理して必要な記憶だけを残しているのです。そして、不要な情報というのは消去をしているのです。寝て起きたら気持ちがリフレッシュしていたり、記憶が少し薄らいだりするのは、脳が記憶の消去をしていっているからなのです。このことから、ちゃんと睡眠をするということはうつ病対策をしていくことが期待できるということです。

 

基礎体温と睡眠の関係

 

睡眠の質と基礎体温というのはとても深く関係しています。寝ている間というのは、基本的に基礎代謝のみが行われているのですが、この時の体温のことを基礎体温といいます。適温の環境で体をほとんど動かしていない状態での体温だということになります。最近、女性の間で低体温になってしまっている人がとても多くなってきていると言われています。低体温になってしまっているということは、当然基礎体温も低くなってしまっている状態になっているということになります。

 

この低体温というのは36度未満の体温になってしまっている人のことを指しています。低体温になってしまうと免疫力も弱くなってしまって、体調も崩れやすくなってしまいますし、がんの発症リスクも高くなってしまいます。それに代謝自体も低下してしまうことになりますから、ターンオーバーも悪くなってしまいますし、脂肪燃焼もされにくくなってしまって太りやすくなります。これ以外にも、低体温というのは、便秘や生理不順、生理痛、肩こりなどの症状の原因になってしまうこともあるのです。

 

このように基礎体温が低くなってしまうといろいろな症状の原因になってしまうのですが、睡眠に対しても影響をあたえることになります。低体温の状態になってしまうと、深部体温も下がりにくくなってしまいますから、深い眠りに突入しにくくなってしまいます。就寝前後に体温を一気に1度下げることによって深い眠りに入ることが出来るようになります。しかし、低体温になっているとそれ以上体温を下げることができない状態になりますから、深い眠りの状態に陥りにくくなってしまうのです。

 

本来であれば、寝たばかりから3時間くらいの間はノンレム睡眠になるはずなのに、レム睡眠の状態になってしまいます。これでは成長ホルモンも十分に分泌することができなくなってしまいます。この成長ホルモンの分泌量が減ってしまうと、肌の修復をしにくくなってしまいますし、免疫力も下がります。また、成長ホルモンは睡眠中の脂肪燃焼を促してくれていたのに、分泌量が減ってしまうとしっかり脂肪燃焼をすることができなくなってしまいます。また、毛髪の修復などもすることも難しくなってしまいますから、毛もダメージヘアになってしまうのです。このように、女性にとってとても嫌な症状がたくさん現れてしまいやすくなってしまいます。

 

しかし、どうして人間というのは就寝前後になると急激に体温が1度ほど下がるのでしょうか?これは、寝るための準備として足の裏や手のひらから熱を放熱して、体温を下げているからなのです。このように放熱をすることによって、深部体温を下げることが出来るようになり、寝るための準備をしているのです。ですが、基礎体温が低くなってしまっているということは冷え性になっていると考えることができます。すでに足の裏などが冷たくなってしまっている状態ですので、これ以上体温を下げることができません。少しでも寝つきを良くしていきたいのであれば、就寝前に可能なかぎり手や足をしっかり温めるようにしましょう。

 

熟睡するための姿勢と熟睡できない姿勢

 

肉体的にも精神的にも健康維持のためには睡眠をしなくてはなりません。悩んでいたり、ちょっと疲れているという状態でも、しっかり寝ることで、次の日にはリフレッシュされていたりしているものです。しかし、不規則な睡眠をしていたり、質の悪い睡眠になってしまっていると、だんだん自律神経が乱れていきます。これによって、食欲不振や冷え性、頭痛、苛々などといった症状が出やすくなってしまうのです。このようにならないようにするためにも、質の良い睡眠をとるようにしていかなくてはなりません。

 

睡眠の質を高めるの重要なことの一つとして、睡眠をするときの姿勢が挙げられます。睡眠時間はしっかりあるのに、正しい体勢で寝るようにしなくては、睡眠の質が悪くなってしまって、疲労を取り除くことはできなくなってしまうのです。さらに寝方が悪いと腰痛になってしまったり、体が歪んでしまいやすくなってしまうため注意が必要です。

 

どうやって寝る時の姿勢が決まっているのか?
寝るときにどのような状態で寝るのかというのは、個人差がありますよね。これは、子供の頃の生活習慣などが染み付いていたりしているものです。子供の頃にどのような姿勢で寝ていたのかによって、大人になってからも同じ姿勢で寝ることが当たり前になるということが多いです。この他にも、寝る時の環境も寝る時の姿勢と大きく関わっています。家族と寝ていたり、どのような寝具を使って寝るのかによっても姿勢が違っていたりします。

 

これ以外に、体の調子によって寝る時の姿勢が違うケースもあります。例えば、ヒザ痛や腰痛などがある場合、少しでも痛みを和らげようと、痛みが軽い姿勢で寝るようになるのです。寝ている時に体がかなり曲がってしまっている状態になっている場合、寝ていても負担がかかってしまい熟睡をすることができません。ですので、徐々にでも寝る時の姿勢を矯正した方がいいでしょう。

 

睡眠と美肌の関係について

 

だいたい毎日8時間以上の睡眠時間になっているのに肌荒れになってしまうという人も少なくありません。日中は肌というのは紫外線などのような外部から刺激によってダメージを受けています。そして、このようなダメージを就寝中に回復させているのです。ただし、睡眠を取ればいいというほど単純なものではありません。

 

しっかり肌の修復をしたいと考えているのであれば、肌のゴールデンタイムにしっかり寝るようにしていく必要があります。肌のゴールデンテイムに寝るようにすることによって、成長ホルモンが分泌されるようになります。これによって積極的に新陳代謝が行われるようになり、効率よくダメージを回復させられるようになるのです。

 

かつては22時〜2時までの間が肌のゴールデンタイムだとされていたのですが、当時の生活習慣に基づいて定められた時間になっていました。最近の人は22時に起きているということがほとんどですので、ゴールデンタイムの時間帯にも変化が現れているようです。かつての日本人というのは、朝早くに起きて、夜早くに寝るという生活習慣になっていましたから、22時〜2時までの間がゴールデンタイムになっていたのですが、これは特に科学的に証明されているわけではありません

 

本当のゴールデンタイムというのは、就寝時間によって違っています。就寝をしてから3時間経過するまでの間が、最も成長ホルモンが分泌されているということが最近の研究で分かっています。つまり、時間帯よりも睡眠の質のほうが重要になっているのです。睡眠の質を高められるようになれば、それだけ成長ホルモンが積極的に分泌されるようになり、肌の修復をしやすくすることが可能になります。

 

こちらをオススメします♪ 睡眠の質を高めるサプリ

 

睡眠の質を調べたい人におすすめの睡眠計

 

自分は果たして熟睡をすることができているのだろうかと疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか?最近は寝ている時に熟睡することができているのかを調べるための睡眠計アイテムも増えてきています

 

この睡眠計アイテムの中には、起きやすい時間帯になったら目覚ましをしてくれるという便利な機能が付いているものもあります。これ以外にも、寝ている時の睡眠の質をデータとして保存してくれていたり、睡眠時間を計測してくれるアイテムもあります。このようなデータを見ながら、自分の体の変化を見てみるのもいいでしょう

 

オムロンが販売しているねむり時間計というグッズがあるのですが、ベッドがどのように振動するのかによってどれくらいの質の睡眠なのかを測定してくれる機能があります。データはスマホにアプリをインストールしていれば、スマホからでも見ることができますので、開いている時間にチェックすることが可能になっています。

 

この睡眠計は、色々な動物をモチーフにして、睡眠の種類を表示するという面白い機能もついていますし、目覚まし時計としての機能も備わっています。睡眠時のデータから、起床しやすい時間帯に目覚ましで起こしてくれますから、快適に起きることが出来るかもしれません。5つのカラーバリエーションが用意されていますので、お好みのものを選ぶと良いでしょう。

 

どうやって睡眠時間を減らしてショートスリーパーになれるのか?

 

日本人の睡眠時間の割合は次のとおりとなっています。
・ロングスリーパー 3〜9%
・ショートスリーパー 5〜8%
・バリュアブルスリーパー 90%前後

 

このように、全体から見てもショートスリーパーはかなりの少数になっているのですが、どうしてこのように睡眠時間が違っているのでしょうか?これは、普段の生活習慣もですが、遺伝子も深く関わっていると言われています。

 

カリフォルニア大学が2009年にショートスリーパーの人の遺伝子を調査しました。その結果、ショートスリーパーの遺伝子というのは、遺伝子の一つであるDEC2に変異が起きているということが分かったのです。

 

人間には体内時計がありますが、この体内時計のコントロールをしているのがDEC2といわれる遺伝子です。DEC2遺伝子をマウスに埋め込んで研究をした結果、睡眠時間がこれまでよりも短くなったそうです。このDEC2と言われる遺伝子が変異をしたことによって、通常よりもかなり早く脳の疲れを回復させることができるようになるのではないかという発表でした。そして、このショートスリーパーの原理などがわかれば、多くの人をショートスリーパーにしていくことも可能になるのではないかとも言われています。

 

ただ、これはあくまでも未来の可能性であり、現在のところ、誰しもがショートスリーパーになることができる方法はありません。これは遺伝子による要因になっているのですから仕方がないことだといえるでしょう。しかし、ショートスリーパーになることはできなくても、方法によってはショートスリーパーに近づくことも可能だとされています

 

うつと心筋梗塞の関係

 

急性心筋梗塞はそれ自体が命の危険を伴う非常に怖い病気でもありますが、実はこういった心疾患や循環器疾患をもっている人の中にはうつ病をもっているという人も少なくありません。実は、うつが循環器疾患を発症させる原因となりうるのだそうです。

 

心筋梗塞は、冠動脈の閉塞や狭窄などによって血液の流量が下がって、心筋が虚血状態となって壊死が起こっている状態を言います。一般的には、血管に問題が生じる冠動脈での動脈硬化が原因となって起こる病気ですが、これを引き起こすものとしてストレスやうつなどの影響も非常に大きいのです。

 

心筋梗塞はマジメで几帳面、そして責任感の強いと言われる、いわゆるA型人間に多いと言われていて、有職者男性では月曜の発症が多く、高齢の女性では土曜日の発症が多いといった傾向があり、これは男女がストレスを感じやすいタイミングと一致するのだそうです。

 

うつ病になると、糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞などの循環器系の病気のリスクが高まると言われています。発症リスクだけではなく、うつを持っている心筋梗塞患者では、予後が悪くなりがちだとも言われています。うつの原因は基本的には過剰なストレスや疲労ですが、それを招きやすい生活習慣は血管の年齢を老いさせたりまた動脈硬化を起こしやすい生活習慣でもあります。そこにさらにストレスの影響で動脈硬化が起こりやすくなることで、心筋梗塞のリスクは高まっているのだと考えられます。

 

人間の心と体はつながっていることを理解して、両方のケアに普段から注意しましょう。

 

こちらをオススメします♪ 心筋梗塞予防にサプリを活用!血管を強くしなやかに!

更新履歴